都屋の港 いゆの店(海人食堂)

大型定置網直送の新鮮ネタがいただける店

潮の香りに包まれながら新鮮魚介を味わい尽くす読谷村漁業協同組合の直営店『いゆの店』は、読谷の海で獲れた新鮮な魚介類を中心に、刺身や魚、海ぶどうなどを販売しています。また、漁港内の風景を眺めながらテラスで食事が出来る海人食堂では、さかな汁やいか墨汁、まぐろ丼など安くてボリュームたっぷりのお食事が召し上がれます。特にいか墨汁は、安くて美味しいと評判がよく、家族へのお土産として持ち帰る方も多くいるほどです。そして、1個50円と安くて食べごたえのある天ぷらは、注文を受けてから揚げるのであちこーこー(アツアツ)のサクサクで大人気。数十個単位で注文するお客さんもいます。さらに、昨年末に全国商工会連合会が主催する「むらおこし特産品コンテスト」の食品部門で会長賞を受賞し、県内2件目の快挙を成し遂げた「海人自慢のもずく丼(210円)」はヘルシーで手軽に食べられることもあり、村内の学校給食にも登場したことを皮切りに県内全域で販売されるほどの人気商品。海の魅力満載のいゆの店へドライブがてらに、ぜひ足を運んでみて下さい。

都屋の港 いゆの店(海人食堂)
都屋の港 いゆの店(海人食堂)
都屋の港 いゆの店(海人食堂)
住所/読谷村字都屋33
電話/098-956-1640
   (読谷村漁業協同組合)
営業時間/10:00〜18:00
(海人食堂)11:00〜16:00
定休日/ 不定休

アートクラフト喜器

優しいヤチムンに囲まれた癒しのカフェ

居心地のいい手作り空間読谷村でのお洒落カフェの草分け的存在。長浜の高台を下る坂道の途中にあり、静かな環境がお店の雰囲気とマッチしています。

緑いっぱいのアプローチを通り、レンガのアーチ門をくぐって店内へ。ログハウスの内装を思わせるウッディな店内は、手作り感あふれ居心地の良さを感じます。

メニューも豊富で、ヘルシーで素朴ながらもていねいに作られ一品一品、食べていて心からホッとくつろげる味わいです。玉ねぎをじっくり炒め手間ひまかけて煮込んだカレー類は、ピリッとしたスパイシーな辛さのなかに優しい甘さも感じられる逸品。日替わりランチもお得ですが、オススメの喜器定食は、メインはもちろん、小鉢もミミガーや三枚肉料理、もずくなど、県産食材を使った沖縄料理が十品も並ぶ人気メニュー。観光客だけでなく、地元のお客様にも好評だそう。「喜器」というだけあって、供される器も見事なもので、ちょっとかしこまった食卓での器使いのヒントになりそう。

ヤチムン(焼物)のギャラリーも併設していて、食器や置物を購入することができます。大きめのテーブルスペースもあるので、模合やちょっとしたパーティーなどに利用しても。夜は予約した方がベターです。「喜器」のゆったりとくつろげる空間で過ごしてみませんか。

アートクラフト喜器
アートクラフト喜器
アートクラフト喜器
住所/読谷村字長浜735-1
電話/098-958-0399
営業時間/11:30~21:00
定休日/月曜日

パン屋 水円

天然酵母のもっちりハード系パン

素朴で温かみのある雰囲気噛むほどに味わい深さが生きてくる今年8月8日、座喜味にオープンしたパン屋さん。昔ながらの湧き水“ウェンダカリガー”の側にあった古い民家をオーナー夫妻と友人知人らが手作りで大改造。素朴で温かみのある店内を創り上げました。店内の素朴さと相まって、お店が佇む環境も沖縄情緒たっぷりで、どこか懐かしさを感じさせます。

パンへの想いは一筋縄ではいかず、パン焼き窯も手造りしたほど。工房も店内も看板もインテリアさえもパンへの愛情に満ちあふれているかのようです。「毎日、誠意を込めて焼くこと」、「窯と会話しながら焼いてます」との言葉から本当にパンへの想いが伝わります。

『水円』のパンは、ライ麦や全粒粉などを使用した天然酵母のハード系のパン。リンゴや県産無農薬の玄米で育てた天然酵母を使用した、もっちりした食べ応えのあるパンたちが自慢です。噛むほどに麦の味わいが口いっぱいに広がり、すぐにまた食べたくなる美味しさがたまりません。

店内でいただけるスープは、じっくりコトコト煮込まれていて本当に優しい味わい。パンとの相性も抜群です。ジンジャーエールやカシスソーダなどのドリンクもなんと手作り。円を描いて広がる波紋のように食べた物が体に広がっていくイメージの店名通りに、自然の物にこだわり、ていねいに、想いを込めてパン作りをしています。味わうほどに虜になること間違いなし。そんな『水円』の魅力を丸ごと堪能しに足を運んで下さい。店内でいただく時はぜひ、スープと召し上がって下さい。

パン屋 水円
パン屋 水円
パン屋 水円
住所/読谷村字座喜味367
電話/098-958-3239
営業時間/10:30 ~ 19:00くらいまで
定休日/火曜日・水曜日

ギャラリー・カフェ ゆくい

温もりのある作品たちと、憩いのひと時

のんびり、ゆっくりを楽しむやちむんと絵画のギャラリーカフェ汐の薫りが漂う宇座の住宅街の外れにある、白い壁の小さな一軒家が『ギャラリー・カフェゆくい』。天然木の重厚な扉を開けると、さまざまな表情のやちむんや絵画が展示された癒しの空間が広がっています。

オーナーの林さんが「すごく好きな物だけを揃えています」というだけあって、ほかでは見られないような作品ばかり。作品の魅力を最大限に引き出せるように展示されていて、やちむんを愛おしく大事に想っていることが伝わってきます。こんなにアイテムを揃えているギャラリーは少ないかも。ひとつひとつを手に取って、じっくり確かめて眺めていられる空気感もうれしいギャラリーです。

韓国の人気画家、金永植(KIM.YOUNG-SIC)さんの絵画作品や歴史を感じさせる中国家具も雰囲気があり、看板娘である表情豊かなフレンチブルドッグのナビィちゃんもいい味出しています。

美味しい手づくりデザートやていねいに入れられたドリンクも味わえるので、昼下がりのカフェタイムに、のんびりゆっくりした時間を楽しみにぜひ足を運んで下さい。

ギャラリー・カフェ ゆくい
ギャラリー・カフェ ゆくい
ギャラリー・カフェ ゆくい

住所/読谷村字宇座353
電話/098-958-0369
営業時間/11:00 ~ 19:00
定休日/木曜日
WEB/http://www.yukui.com