楚辺喫茶研究室 ソベラボ

素朴で味わい深いフランスの焼き菓子はいかが?

フランスの田舎を訪れたようなのどかな雰囲気にホッとひと息かつて外国人専用のアパートとして使われていた「トリイアパート」の一角に、女子心をくすぐるおしゃれなカフェがあります。アンティークな白い木製の扉を開けると、こぢんまりとしたカフェスペースの脇にショーケースが置かれ、中にはフランス各地の焼き菓子がずらり。有名なマドレーヌをはじめタルトやマカロンといった手作りスイーツが、おいしそうな顔つきで「食べて食べて!」と呼びかけてくるようです。

オーナーの我如古苗美さんは地元読谷村出身。学生時代からカフェの魅力に引かれ、大学の卒論もカフェについて研究したのだとか。卒業後はカフェに就職して修行を積み、2009年に現在のお店をオープン。「女性一人でも気軽に来られるように」との思いを込め、店づくりに励んでいるということです。

焼き菓子の種類は定期的に入れ替わり、持ち帰りはもちろん、好きな菓子を選んでカフェスペースでお茶することもOK。ギフト用の詰め合わせも販売しているので、ちょっとしたお使いものにもぴったりかもしれません。

楚辺喫茶研究室 ソベラボ
楚辺喫茶研究室 ソベラボ
楚辺喫茶研究室 ソベラボ
住所/読谷村楚辺1058 T-18
電話番号/098-956-6451
営業時間/12:00 ~ 19:00
定休日/火・水曜日
駐車場/あり
禁煙
ブログ http://sobelabo.ti-da.net/

CARIBOU DOUGNUTS カリブードーナツ

売り切れご免! の大人気ドーナツ屋さん

ふんわりもちもちの軽〜い食べ応えが特徴知る人ぞ知る、おいしいドーナツ屋さん。以前は移動販売で沖縄市のちゃんぷるー市場やフリマなどのイベント地で販売していましたが、今年2月にこの地に店舗を構えました! 外人住宅を手造りで改装し、外観も店内もカントリー調の温かな雰囲気が漂っています。

カリブーのドーナツは、ふんわりしたもちもちの食感。甘さ控えめの何個でも食べられそうな軽い食べ応えが特徴で、ここでしか味わえないおいしいドーナツなのです。保存料は一切使用せず、国産の小麦や砂糖、卵、乳など材料にも作り方にもこだわっていて、オーナーの優しさが伝わってきそう。種類も豊富で、プレーンにきなこ、シナモンなどの定番のほか、ラムレーズンやくるみ、黒ゴマ、コーヒー、アールグレイなどいろんな味が楽しめます。

店内も居心地が良さそうですが、今のところテイクアウトのみ。大人気だけに売り切れるのも早いので、電話で確認した方がベターです。場所は県道6号線、大木のパティスリーポルシェ向かいのauショップ横の小道を入っていった右奥にあります。タイミングがよければ、看板娘の風花ちゃんの愛くるしい仕草や表情にも出逢えるかも♪

CARIBOU DOUGNUTS カリブードーナツ
CARIBOU DOUGNUTS カリブードーナツ
CARIBOU DOUGNUTS カリブードーナツ
住所/読谷村大木457-3 O-213
電話/098-936-8286
営業時間/11:00 ~ 18:00
定休日/月曜

清流舎& bio smile

ココロとカラダに優しい料理

食材と作り方にこだわった沖縄そばと玄米食イオンタウン読谷店斜め向かいにある、沖縄そば屋さん。有機国産小麦にやんばるの山中から切り出した薪からとった木灰など、材料のひとつひとつにこだわった自家製麺の木灰沖縄そばが味わえます。ツルツルした自家製麺は普通の白麺とよもぎを練り込んだよもぎ麺が選べて、ダシも普通だしとかつおなどの動物性は使わず、昆布、しいたけのみのさっぱりしたマクロビオティックだしの2種類から選べます。あっさりとした優しい味わいが身体の中に染み渡っていくようです。

また、穀菜食カフェ『bio smile(ビオ スマイル)』も併設されていて、動物性の食材は一切使用せず、植物性の食材のみで調理したマクロビオティック料理がいただけます。人気の玄米ランチは、玄米とスープに、メイン一品、旬の野菜や島野菜をふんだんに使った今週のおかずもついて、食べ応えたっぷり。身体に良いだけでなく、間違いなく美味しいのです。沖縄そば、玄米食共に、本当に身体の内側から元気でキレイになりそうなヘルシーなお料理でオススメ。ぜひ、足を運んで下さいね。マクロビオティック料理教室も開催しているそうです。詳しくは店内で。

清流舎& bio smile
清流舎& bio smile
清流舎& bio smile
住所/読谷村古堅851
電話/098-956-4000
営業時間/11:00 ~ 17:00
定休日/水曜

ロング清美さんの押し花アート

押し花アート・手作り雑貨 Hannah

変色しない、特別な技法を使った押し花アートの数々ウインズカフェ・アートギャラリーで開催中の「ロング清美の押し花展」。色鮮やかな草花が、華麗でゴージャスな花束やリースに再現されていて、見ているだけでその奥行き感に引き込まれてしまいそうです。作者のロング清美さんは、本部町在住の押し花アーティスト。野原の草花や野菜までも、色彩豊かな押し花にしてしまいます。

額に収められた美しい押し花の世界は、花束やリースに限らず、ふくろうやテディベア、幻想的な風景など、構成のモチーフは無限大。花の魅力がそのまま生かせる押し花が好き、という清美さん。そんな清美さんの押し花は、温かくて優しいお人柄がそのまま作品に反映されています。

今年になって、小さいながらもギャラリー「hannnah 」を開設しました。とはいっても、実家が営んでいる商店の一角を解放してもらったもの。清美さんの作品だけでなく、パッチワークやビーズのアクセサリー、クラフトバッグなど、清美さんの友人らによる手作り雑貨も販売しています。心を込めた手作り雑貨の数々。ぜひ手に取って、手仕事の温もりを感じて下さい。

「hannnah 」の場所は、渡久地十字路にほど近い赤松商店内。野菜や日用雑貨が並ぶ、昔懐かしいマチヤ小の一角にあります。どこかホッとくつろげる微笑ましい手作りの異空間を楽しんでみて。

ロング清美さんの押し花アート
ロング清美さんの押し花アート
ロング清美さんの押し花アート
住所/本部町字渡久地57(赤松商店内)
電話/098-047-6522(hannah)
098-047-2538(赤松商店)
営業時間/7:00 ~ 22:00
定休日/日曜日