「地域に根ざしたやさしい医療」本島最南端の耳鼻咽喉科開業医として

糸満市真栄里の振興住宅地の一角に開業した「たまき耳鼻咽喉科クリニック」。
シンプルな外観ながら、細かな所に優しさを感じさせ、清潔感あふれる広々とした待合室や診察室が印象的です。開院に至るまでの思いや、今後の夢について玉城三七夫先生にお話を伺いました。

糸満市真栄里の新興住宅地の一角に開院した「たまき耳鼻咽喉科クリニック」開院に至る経緯をお聞かせ下さい。
これまで琉球大学付属病院を中心に、中頭病院、県立那覇病院などに勤務してきましたが、研究よりも臨床の現場にいたいと思っていました。学校検診で地域に出ることも多かったんですが、そんな時に「南部は耳鼻咽喉科が少ない」という声を何度か聞いていました。いつかは独立を、と考えていましたから、それなら専門の医師が足りない所でやって役に立とう、という想いを強くしたんです。お互いの信頼関係の中で、建物にも良い”気”が入りました仕事と平行しながら土地探しをして、この土地に出会いました。区画整理事業でこれからも発展が見込めるので、やっていけると確信しました。耳鼻咽喉科の開業医としては今のところ、本島最南端だと思います。清潔感はもちろん、明るく広々とした待合室

スペースの有効利用で待合室や診察室も広々と池原建設に建築を依頼した理由とは?
じつは知人の紹介です。「建てるなら池原建設だよ!」との強い勧めでしたが、住宅やアパートが専門と聞いて正直、迷いましたが、一括して任せられることが大きかったですね。ほかにもいろいろやることはあったので、安心して任せられたことが本当によかったです。これ以上はない、というほど大満足です。デザインといい細部に至るまで、満足しています。

建築法の関係で、いろいろな制限があったと聞きましたが…
法改正の影響もあり、納得のいくようていねいな説明を心がけています建築許可がなかなか降りない時期で、敷地の条件から六〇坪以内に収めなければならなかったのですが、私の理想とする間取りを基に設計していただきました。待合室や診察室も広く取ことができ、六〇坪とは思えないスペースの有効利用に驚かれる方々も多くいらして、「六〇坪の概念が変わった」とまで言っていただきました。

清潔感はもちろん、明るくて広々とした待合室ですね。
こだわりましたから(笑)。ソファーの色や壁の色など、明るくさわやかなイメージにあった色合いも気に入っています。病院は住宅やアパートと違い、特殊な部分が多く、うちでは聴覚検査室などがそうですが、音が入らず漏れず、かつ響かないという条件をクリアしないといけなかったんです。その点も大変だったと思いますが、医療関係機関などと連携を取ったりして誠実に対応してくれました。地域に愛されるクリニックとして、この場所で頑張っていくわけですから、本当に良かったです。

池原建設の仕事ぶりはいかがでしたか?
気持ちよく創ってもらって大満足です。誠実に対応してくれたし、とても多忙だったので、安心して任せられたことは大きかったです。打ち合わせでもお互い、正直に本音で話し合えたし、本当にいろいろと良くしていただきました。工期にゆとりがあったことで、大工さんたちも楽しんで仕事ができたのではないでしょうか。お互いの信頼関係の中で、建物にも良い”気が”入ったと思います。池原建設さんの“出逢いを大切に”という理念にも共感できました。スタッフを雇う立場になり、見習う所もあると感じています。そうそう、うちのスタッフも明るい子たちばかりで助かっていますよ。

店舗・施設のお客様の声一覧